児島電機株式会社

会社情報Company info

 弊社は1939年に創業し、2019年に80周年を迎えることができました。
これは偏に皆々様の温かいご指導、ご鞭撻の賜物として、厚く感謝申し上げます。
私たちは、お客様第一主義を社是とし、品質・価格・納期についてはもとより機転と気配りの利いた対応で、お客様に喜ばれる製品づくりを目指しています。
今後も、ますます多様化するニーズにお応えできるよう、更に努力を重ねる所存でございますので、より一層のご愛顧・ご支援をよろしくお願い申し上げます。
Our company celebrated its 80th year of business in May 1.2019.
based on our creed for "customer first ",
we make efforts to make high-quarity and low-price products and to deliver quickly with care.
we sincerely hope you will be with us.

児島電気ビル

会社概要Company Profile

会社名称Company name 児島電機株式会社KOJIMA ELECTRIC Co., Ltd.
創業Founding 昭和14年5月1日May 1, 1939
設立Establishment 昭和29年6月30日June 30, 1954
資本金Capital 1000万円10 million ye
代表取締役社長President 児島 篤志Atsushi Kojima
従業員数Number of employees 80名80 people
営業種目Business line 受電盤 配電盤 制御盤 計装盤 電気機械器具製造 電気工事 板金加工Power receiving panel Power distribution panel Control panel Instrumentation panel Electrical machinery / equipment manufacturing Electrical work Sheet metal processing
本社・工場Head Office / Factory 〒551-0033 大阪府大阪市大正区北恩加島1丁目17番30号1-17-30 Kitaonkajima, Taisho-ku, Osaka 551-0033, Osaka Prefecture
電話TEL 06-6552-7373+816-6552-7373
FAXFAX 06-6553-0227+816-6553-0227
第二工場Second factory 〒551-0021 大阪府大阪市大正区南恩加島5丁目8番6号5-8-6 Minamienkajima, Taisho-ku, Osaka 551-0021, Osaka Prefectur
ベトナム現地法人Subsidiary in Vietnam KOJIMA ELECTRIC VIETNAM COMPANY LIMITED7th Floor Star Building, 33ter-33 Bis Mac Dinh Chi Street, Da Kao Ward, Dist.1, HCMC

設計 Desgin section

 図面に書いてあることが全てではないこの業界において、
細部にまで気を配り、お客様の構想を正確に形にしていきます。

設計

製造グループ Manufacturing section

 弱電から高圧、計装配管まで多種多様な要望に迅速且つ柔軟に対応できる多機能集団です。

製造グループ

品質管理グループ Inspection section

 完成品の検査業務を担当しております。高品質を命題とし、良品出荷をめざし業務に邁進しています。

品質管理グループ

板金グループ Maiking enclousure section

 板金工程を内製することにより、短納期対応を可能にしました。

板金グループ

沿革History

2020(平成30年)
ものづくり補助金を受け、ファイバーレーザー溶接機を導入
労働者派遣事業許可を受ける
2017(平成29年)
児島篤志社長 就任Atsushi Kojima became president
2016(平成28年)
ベトナム現地法人設立Established a local subsidiary in Vietnam
2014(平成26年)
第二工場新設(大阪市大正区南恩加島)板金部門移転Established second factory (Minami Enkajima, Taisho-ku, Osaka) Transferred sheet metal division
2010(平成22年)
ものづくり補助金を受け、営業事務所にアクアリウムを設置Aquarium established in sales office as 70th anniversary project
2005(平成17年)
大阪市の助成を受け、リハビリ実習用ロボットの開発に着手
三菱重工業(株)神戸造船所、原子力用板金品質協定取得
第二工場(大正区北恩加島)増設Started development of rehabilitation training robot with subsidy from Osaka City.Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.Kobe Shipyard acquired nuclear metal sheet quality agreement.Expanded second factory (Kitaonkajima, Taisho-ku).
2003(平成15年)
大阪府品質管理推進企業認定取得
(株)ナショナル製作所(板金)を吸収、児島電機(株)製造部へ
三菱重工業(株)高砂製作所 品質認定取得 計装製作開始Acquired Osaka Prefecture quality management promotion company certification.Absorbed National Manufacturing Co., Ltd. (Sheet Metal) and became Kojima Electric Co., Ltd. Manufacturing Department.Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
2002(平成14年)
新資材調達管理システム(TECHS)の導入 新品質管理マニュアル(KDK QMSマニュアル)の制定Introduction of new material procurement management system (TECHS) Establishment of new quality management manual (KDK QMS manual)
1992(平成4年)
資本金1000万円に増資する
電気工事業の認可を受けるIncreased the capital to 10 million yen.
1991(平成3年)
児島満社長 就任Mitsuru Kojima assumed office
1988(昭和63年)
板金の社内製作開始 (株)ナショナル製作所を新設・板金用NC工作機械導入) 事務所、 設計室を新設Started in-house production of sheet metal (Established National Manufacturing Co., Ltd., introduced NC machine tools for sheet metal) Established office and design room
1985(昭和60年)
資本金800万円に増資
大阪市大正区北恩加島1丁目に本社及び新工場竣工移転Capital increased to 8 million yen Head office and new factory completed and relocated to 1-chome Kita-enkajima, Taisho-ku, Osaka
1980(昭和55年)
資本金200万円に増資Capital increased to 2 million yen
1972(昭和47年)
計装関係の製造販売を開始Started manufacturing and sales related to instrumentation
1971(昭和46年)
本社工場を電気部工場、機電部工場に2分するHeadquarters factory divided into electrical department factory and mechanical department factory
1965(昭和40年)
巻取機(ケーブルリール)、制動機の製作を開始Started production of winding machine (cable reel) and brake
1964(昭和39年)
鋳鉄製に変わる縦巻きリボン抵抗体を開発
福岡市清水4丁目に九州連絡所を開設 各炭鉱電鉄関係サービス事業を開始Developed vertical wound ribbon resistor instead of cast iron Established Kyushu Liaison Office at 4-chome Shimizu, Fukuoka
1962(昭和37年)
集電装置の製作を開始Started manufacturing current collectors
1961(昭和36年)
児島勳社長 就任President Kojima appointed as President
1954(昭和29年)
個人経営事業を継承児島電機株式会社を設立
陸舶用配電盤、制御盤、変換器、開閉器の製造販売を開始Established Kojima Electric Co., Ltd., which succeeded to the individual management business.Started manufacturing and selling switchboards, control panels, converters, and switches for land and marine applications.
1940(昭和15年)
大阪市大正区三軒家西3丁目に全てを移転Relocated everything to Sangensai Nishi 3-chome, Taisho-ku, Osaka
1939(昭和14年)
大阪市大正区大正通り1丁目児島電機製作所を創立
陸舶制御器、抵抗器、製造修理の専門メーカーとして発足Established Kojima Electric Works, 1-chome, Taisho-dori, Taisho-ku, Osaka as a specialized manufacturer of land and ship controllers, resistors, and manufacturing

もっと見る

一般事業主行動計画Action Plan

次世代育成支援対策法とは

 児島電機株式会社は、次世代育成支援対策推進法に基づき、「一般事業主行動計画」を公表いたします。

一般事業主行動計画とは

 企業が、社員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない社員を含めた多様な労働条件の整備等の取組みを行うため実施する次世代育成支援対策に関する計画です。

児島電機株式会社 一般事業主行動計画

 社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定します。

目標1 Goal 1

 社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員がその能力を十分に発揮できるようにする。
<対策>
(1)社員が育児時間を確保できるように始業・終業時刻の繰り上げ、繰り下げ等の短時間制度を実施する。
(2)社員が育児休業後に復帰しやすいように、休業中の社員に情報提供など連携を良くする。
(3)社員が子供の入学式、卒業式等節目の行事に参加しやすい勤務環境を実施する。

目標2 Goal 2

学生や地域の若者のインターンシップの受け入れを行う。

アクセスAccess

本社工場Main factory

大きな地図で見る
アクセスAccess 最寄駅:JR環状線・地下鉄長堀鶴見緑地線大正駅 バス乗換え案内: バス乗り場の名称は「大正橋」です。
JR大正駅の改札を出て左手の方向です。
98系統 大正区役所行き 新千歳行き。
87系統 鶴町4丁目(新千歳経由)行き 新千歳で下車、徒歩2分。Nearest station: JR Loop Line / Subway Nagahori Tsurumi Ryokuchi Line Taisho Station Bus transfer information: The bus stop is called "Taishohashi".
Go out the ticket gate of JR Taisho Station and turn left.
Route 98 bound for Taisho Ward Office bound for New Chitose.
Route 87 bound for Tsurumachi 4-chome (via New Chitose) Get off at New Chitose and walk 2 minutes.
住所Address 〒551-0033 大阪府大阪市大正区北恩加島1丁目17番30号 1-17-30 Kitaonkajima, Taisho-ku, Osaka 551-0033, Osaka Prefecture
電話Tel 06-6552-7373+816-6552-7373
FAXFax 06-6553-0227+816-6553-0227

第二工場Second Factory

大きな地図で見る
住所Address 〒551-0021 大阪府大阪市大正区南恩加島5丁目8番6号5-8-6 Minamionkajima, Taisho-ku, Osaka 551-0021, Osaka Prefecture